ニュース ポッド

IT・ガジェット 2chまとめ/ニュース

ロボットはどれだけ人に歩み寄れるか? 米工場の「協働作業」に見る働き方の未来

もし、あなたの近くで巨大なロボットが重い荷物を持もち上げていたらどう思うだろうか。身の危険を感じて距離を置くのが当然かもしれない。しかし、米国のある工場内では人の真横で同僚のように協働作業するマシンが登場した。そこには、ロボットと人間が協調する働き方へのヒントが詰まっている。

WIRED.jp

総務省、YouTubeなど特定サービスの通信無料プランの自主規制を業界に要請へ

総務省が、YouTubeなど特定サービスの通信料を無料にする料金プランは公平な競争を妨げる恐れがあるとして、通信業界に自主規制の指針策定を求める方針を固めたことが18日、分かった。 「プラットフォーマー」と呼ばれる巨大IT企業の過度な優遇につながる可能性があると判...

IT速報

パパッと作りたい人向け。 自社サイト用のGIF画像を作成できるサイト「BrandGifs」

「BrandGifs」は自社サイトに使えるGIF画像を作成できるサイトです。自社のWebサイトに使えそうなGIF画像がたくさん用意されています。自社のロゴを埋め込んだり、背景色を変えたり、自社サイトに合ったGIF画像が作成できるのが魅力的ですね。「BrandGifs」の使い方Screenshot:BrandGifsまずは、どのGIF画像を作成したいかを選びます。量も豊富なのできっとお目当てのものが

ライフハッカー

iPhoneでメガネを“試着”できるサーヴィスが示す、小売りにおけるARの可能性

まるで本物のメガネをかけているように見える拡張現実(AR)の試着サーヴィスを、米国のブランド「Warby Parker」が導入した。「iPhone X」以降に搭載された顔面の3Dマッピング機能を利用したもので、オーダーメイドのメガネブランドなども採用した。ARが切り拓いた小売りの可能性を、メガネを通じて考える。

WIRED.jp

ミニマルだけど多機能。充電ケーブルの持ち運びをなくす、8 in 1の「WonderCube Pro」を使ってみた

モバイルバッテリー、スマホ、ワイヤレスイヤホンなど、持ち歩くガジェットが増えに増えすぎた現代。それとともに、ケーブルもわんさか必要に。便利になった反面、複雑な気持ちです。そんな時代だからかもしれません。Campfireで8つの機能が1つになった「WonderCube」が、クラウドファンディング中です。急速充電、同期、スタンド、メモリ拡張、さらには緊急電源までさまざまなニーズに対応しており、驚くべき

ライフハッカー

AIが感情を理解する日はやってくるか?:連載『動物と機械からはなれて』

人間にとって欠かせない「感情」を機械は獲得できるか。そして、人間の感情を理解できるようになるか。感情とコンピューティングにまつわる「Affective Computing」の領域において、音声感情解析や、チャットボットによるメンタルヘルス改善サーヴィスを提供するスタートアップを訪ね、機械と感情の関係性を解き明かす。

WIRED.jp